HOME サンゴ再生事業 イベント情報 応援プログラム お問い合わせ

サンゴ再生事業

Histry

        
  アクアプラネッの活動は、平成18年6月に法人設立時より沖縄本島の北谷漁協沖にサンゴ移植を行うことや、理事長田中律子の自然環境啓発活動などを中心に活動を行っています。
 

 
 平成27年活動動10周年境に一つのステップとして、より効果的にサンゴ再生活動や啓発活動を目指すことを目的に志を同じくする仲間が集まり、3035プロジェクトを結成しました。
活動の拠点は、日本国内最大のサンゴ群生地(石西礁湖)を持つ八重山の海を舞台に選びました。
活動は、今までアクアプラネットとしてお付き合いがあった方のお力で石垣の地先にサンゴ養殖畑を作ることを提案。
八重山漁協様が特別採捕許可を取得していただき、24種類のサンゴ試験採捕を始めました。
この試験採捕の育成には、恩納村漁協のひび建て式という養殖技術の方法を指導していただきました。

 
順調に試験採捕したサンゴの苗は90%を超えた生育率を残し、本格的に特別採捕許可を再申請し、畑作成を本格的に開始する矢先、平成28年(2016年)に八重山の海に起こった大白化現象により、養殖畑にも大きな被害が発生しました。  

 
 このことに即座に3935プロジェクトの仲間であるNPO法人観光事業活動研究会が、石垣市の支援を受け
「11,25甦れ!愛しき八重の海」を開催し、アクアプラネットも事業協力を行い理事長もこのイベントに参加しました。
即座に対応したNPO法人観光事業活動研究会は、石垣の海に平成27年石垣市地方創生事業として5000本の苗を植え付けたばかりの出来事でこの畑も大きな被害に見舞われました。
 

 
 3935プロジェクトはこの状況のなか、生き残ってく入れたサンゴのを株分けして育て始めました。おかげさまでこの苗は29年(2017年)二も水温が32度程度の上昇が2カ月ほど続く中でも成長をしております。
今後は、30年度春には新たに試験採捕をいただき、水温変化が少ない海域にも新たなサンゴ畑を作り、種の保全につながる方法としての取り組みをしていきたいと考えています。
とはいえ、高水温に耐える苗を作り出すことが本来の目的ではなく、根本的に地球規模の環境悪化を食い止めることが必要と考えています。
私たちにできることは、大きなことではないかもしれませんが、少しでもサンゴ再生活動を通し環境問題を考える機会を提案させていただければと考えています。
 



現在の活動報告

 現在の活動は沖縄本島北谷沖での移植事業のお手伝い、石垣での養殖事業お手伝い、金城浩二氏とのコラボ活動
などを行っています。
活動は下記をご参考にしてください。
 
 北谷移植事業報告はこちら 石垣養殖活動報告はこちら 
   



HOME / サンゴ再生事業 / イベント情報 / 応援プログラム / お問合せ
プライバシポリシー / 特定商取引に基づく表記

CopyRight©2016 aqua-puranetProject, All Rights Reserved.